2016年年3月18日(金)〜19日(土) 石川県文教会館 第29回 日本創外固定・骨延長学会 会長:土屋 弘行(金沢大学大学院機能再建学教授)

演題募集

演題募集は締め切りました。
多数のご応募をいただきましてありがとうございました。

一般演題募集期間

2015年10月20日(火)正午〜12月31日(木)正午
(延長しました)

演題申込み方法

演題はすべてインターネットを利用したオンライン登録にて受付いたします。
当サイト(本ページ下段にございます)演題登録画面よりご応募ください。

著者

発表演者は、共同演者を含めて原則として日本創外固定・骨延長学会の会員に限ります。
未入会の方は、日本創外固定・骨延長学会事務局へご連絡の上、入会手続きを行ってください。
また、共著者は最大15名(発表者を含め最大16名)とさせていただきます。

抄録本文

文字数は800文字(全角、半角を含む)です。この字数を超えると登録できません。
※半角カタカナ、ローマ数字、特殊文字などの機種依存文字は使用できません。
※画像及び写真の添付はできません。

その他

シンポジウムとパネルディスカッションは、演者を一部指定させていただき、一般からも公募いたします。

演題カテゴリー

主題(一部演者指定)

シンポジウム「創外固定の未来」
シンポジウム「新しい偽関節・感染性偽関節治療」
パネルディカッション「創外固定器を併用した軟部組織再建法」
パネルディカッション「骨軟部腫瘍に対する創外固定器を用いた治療」
パネルディカッション「小児に対する創外固定治療の適応と限界」

一般演題

1. 骨折(上肢・下肢・足部・足関節、重度外傷)
2. 偽関節・感染(感染・偽関節、難治性感染症)
3. 骨延長(上肢・下肢・手指・足趾)
4. 変形矯正(上肢・下肢・足部等の変形、骨変形、関節内・外の変形)
5. 広範囲骨欠損
6. 軟部組織再建(欠損・授動術)
7. 小児疾患 (先天性疾患)
8. 高齢者の治療
9. 難治性病態
10. 創外固定と医療費・保険診療
11. 合併症
12. 骨癒合、仮骨形成、軟部組織形成等の基礎的検討
13. 診断・術前計画・治療法・デバイスにおける新しい工夫

コメディカルセッション

14. 創外固定・骨延長の看護
15. 創外固定・骨延長における理学療法・リハビリテーション

ご登録いただいた個人情報は、第29回日本創外固定・骨延長学会の運営準備の目的以外では使用
いたしません。
また、ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティを講じ、厳重に管理いたします。

問合せ先
第29回 日本創外固定・骨延長学会 運営事務局
株式会社コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
Tel:06-6229-2555
Fax:06-6229-2556
E-mail:jaefll2016@congre.co.jp